国際機関

  質 問

1998年に公表されたICNIRP ガイドラインの一般公衆の参考レベルが2010年11月に改定され、100μT(50Hz)と83μT(60Hz)から200μT(50,60Hz) に緩和されたようですが、その理由について教えて下さい。

  回 答

 国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の新ガイドラインでは、基本制限の指標を体内誘導電界としたこと、基本制限の根拠として磁気閃光現象を重要視したこと、体内誘導電界や参考レベルの導出に用いる計算手法が格段に進歩したこと、低レベル磁界ばく露の長期的影響については、ばく露制限の根拠として用いるには十分でないこと、などの論拠が示されています。これにより、新ガイドラインの周波数50ヘルツ(Hz)Hz,60ヘルツ(Hz)Hzにおける磁界の参考レベルは200マイクロテスラ(μT)に変更されました。

 

アンケートのお願い

このQ&Aは参考になりましたか? チェックを何れかにチェックを入れて投稿ボタンを押して下さい。

ご意見、ご感想などがございましたら、以下のコメント欄に入力して下さい(300字以内)。 なお、ご質問はお問い合わせフォームよりお願いします。

関連するFAQ

ページの先頭へ戻る