健康影響

  質 問

IH調理器の近くにいると、健康に悪い影響が出るのでしょうか?

  回 答

 IH調理器は、電源回路から発生する50ヘルツ(Hz)ないし60ヘルツ(Hz)の電磁界(超低周波電磁界)以外に、鍋を加熱させるためコイルに電流を流し20キロヘルツ(kHz)~90キロヘルツ(kHz)の電磁界(中間周波電磁界)を発生させて調理をおこないます。この周波数帯における国際非電離放射線員会(ICNIRP)が示したガイドライン値は27マイクロテスラ(μT)です。
 IH調理器は近年急激に普及してきたこともあり、IH調理器に用いられている中間周波電磁界に関する研究データは、低周波電磁界や高周波電磁界に比べ少ないと言われています。そのため、さらなる研究が必要とされていますが、現在までのところ健康に影響があるという研究結果はありません。
 なお、国際的な測定規格(IEC62233)に基づく測定結果が制限値未満であったことが財団法人家電製品協会の調査報告(平成19年度 家電製品から発せられる電磁波測定(10Hz~400kHz)調査)の中で示されています。
 また、IH調理器は鍋底が小さな鍋を使うと、底から漏れる磁界が大きくなりすので、メーカーが推奨する鍋、提供される鍋を使えば漏れる磁界は(ガイドライン値より)小さくなります。中間周波磁界のことが気になる人は、メー カーの取り扱い説明書をよく読んで、正しい使い方をしてもらうことが大切です。

 ⇒参考資料
  ☆ WHO情報シート「中間周波(IF)」(日本語訳)PDFファイルダウンロード

 

アンケートのお願い

このQ&Aは参考になりましたか? チェックを何れかにチェックを入れて投稿ボタンを押して下さい。

ご意見、ご感想などがございましたら、以下のコメント欄に入力して下さい(300字以内)。 なお、ご質問はお問い合わせフォームよりお願いします。

関連するFAQ

ページの先頭へ戻る