健康影響

  質 問

 MRI(磁気共鳴画像)の電磁界は、健康に悪い影響を及ぼすのでしょうか?

  回 答

 MRI で発生する電磁波は、静磁界と言われるもので、その強さは最大2~3テスラ(T)と言われています。静磁界の国際的なガイドライン(ICNIRP)の制限値(職業的)は2テスラ(T)ですので、制限値を超えるケースがあります。
 しかし、これは医療行為でのばく露であり、医療診断ができるという利益がありますので、世界保健機関(WHO)が考える健康影響の対象にはなりません。診断を助けるという利益と相殺するという考え方です。
 なお、静磁界の中で患者の体が動くことで体内に誘導電流が流れることとなり、商用周波磁界からの短期的影響と同様の状況が起こります。このため、WHO では、患者の体をゆっくり動かしてなるべく誘導電流が発生しないようにすることを推奨しています。

アンケートのお願い

このQ&Aは参考になりましたか? チェックを何れかにチェックを入れて投稿ボタンを押して下さい。

ご意見、ご感想などがございましたら、以下のコメント欄に入力して下さい(300字以内)。 なお、ご質問はお問い合わせフォームよりお願いします。

関連するFAQ

記事はありません。

ページの先頭へ戻る