磁界測定

  質 問

送電線からの距離で磁界レベルはどのように変わるのでしょうか?

  回 答

 磁界の強さは、発生源から離れることにより急激に減少します。例えば、送電線中心直下における磁界の強さが約4.4マイクロテスラ(μT)であったとすると、中心からの距離が20mで約2.2μT、40mで約0.6μT、60mで約0.1μT、80mで約0.05μT、100mで約0.02μTとなります。なお、設備の状況によって値は異なります。
出典:電力設備環境影響調査 平成15年度調査報告書(経済産業省原子力安全・保安院)

アンケートのお願い

このQ&Aは参考になりましたか? チェックを何れかにチェックを入れて投稿ボタンを押して下さい。

ご意見、ご感想などがございましたら、以下のコメント欄に入力して下さい(300字以内)。 なお、ご質問はお問い合わせフォームよりお願いします。

関連するFAQ

記事はありません。

ページの先頭へ戻る