電磁波の性質

  質 問

電磁界の種類と作用とは?

  回 答

 電磁界は、電離放射線と非電離放射線に分けられます。送電線や家電製品などから発生する超低周波電磁界、IH調理器などから発生する中間周波電磁界、テレビ放送や携帯電話などの通信に利用される高周波電磁界(電波)などは全て非電離放射線に属しています。また、エックス線やガンマ線などは極めて高い周波数の電磁波で、細胞を構成する分子の原子結合を破壊することによって電離作用(プラスやマイナスに荷電された原子や分子を生成すること)を起こさせるのに十分な光子エネルギーを持っているので、電離放射線と呼ばれています。
 非電離放射線は、電離放射線のような物質に衝突して原子から電子を引き離す能力(電離作用)を持ちません。したがって、ばく露されても細胞内の遺伝子に悪い影響を与えることはありません。
 電磁界(電磁波)のエネルギーは、下の表のように波長が長いほど小さくなります。
       《粒子としてのエネルギーの比較》


粒子としてのエネルギーの比較

アンケートのお願い

このQ&Aは参考になりましたか? チェックを何れかにチェックを入れて投稿ボタンを押して下さい。

ご意見、ご感想などがございましたら、以下のコメント欄に入力して下さい(300字以内)。 なお、ご質問はお問い合わせフォームよりお願いします。

関連するFAQ

記事はありません。

ページの先頭へ戻る