電磁波の性質

  質 問

SAR(比吸収率)とは?

  回 答

 SAR(比吸収率:Specific Absorption Rate) とは、生体が電磁界にさらされることによって、単位質量あたりの組織に単位時間に吸収されるエネルギー量をいいます。単位はワット/キログラム(W/kg)で表されます。

 体全体が高周波電磁界にさらされた場合、熱作用により人体に有害な影響が及ぼされるのは、全身平均SAR が約4ワット/キログラム(W/kg)以上であることから、電波防護指針により、労働環境では10 倍の安全率を考慮して全身平均SAR の基準値を0.4ワット/キログラム(W/kg)としています。一般環境では、そこからさらに5倍の安全率が適用して、0.08ワット/キログラム(W/kg)と定めています。

 また、電波のエネルギーが身体の局所に集中して吸収されるような場合(例えば携帯電話使用時には頭部に集中します)、その局所SAR で2ワット/キログラム(W/kg)を一般環境の基準値として定めています。

アンケートのお願い

このQ&Aは参考になりましたか? チェックを何れかにチェックを入れて投稿ボタンを押して下さい。

ご意見、ご感想などがございましたら、以下のコメント欄に入力して下さい(300字以内)。 なお、ご質問はお問い合わせフォームよりお願いします。

関連するFAQ

記事はありません。

ページの先頭へ戻る