国際がん研究機関(IARC)がモノグラフ・プログラムの優先順位についての諮問グループの報告書を発表

2019.10.31掲載

国際がん研究機関(IARC)は2019年3月、2020-2024年の期間のモノグラフ・プログラムにおける優先順位を決定するため、18か国から集められた29人の科学者による諮問グループ会合を開催しました。これに関連して、IARCは2019年10月30日付で、諮問グループによる報告書を発表しました。

この報告書は、無線周波(RF)電磁界に対して「高い優先順位(及び5年以内に評価の準備)」、超低周波(ELF)磁界に対して「評価なし」としています。

この報告書の原文は、IARCの以下のウェブサイトから入手可能です。
https://monographs.iarc.fr/news-events/advisory-group-report-on-priorities-for-the-iarc-monographs-during-2020-2024/

関連情報:
「国際がん研究機関(IARC)に対する諮問グループがRF電磁界の再評価を勧告」(2019.4.22掲載)
http://www.jeic-emf.jp/whats_new/6735.html