欧州電磁界フォーラム(EEMFF)が電磁界指令(2013/35/EU)についての国際会議を2020年11月に開催

2020.5.18掲載

欧州連合(EU)における「電磁界指令(2013/35/EU)」の実施を強化することを目的に設立された、加盟各国の労働安全衛生当局のネットワークである「欧州電磁界フォーラム(EEMFF)」は、2020年11月23~24日にドルトムント(ドイツ)で「第1回欧州電磁界フォーラム会議『電磁界指令についての7年間の経験』」を開催すると発表しました。

この会議では、加盟各国における同指令の実践的な適用についての情報交換、ならびに以下の課題についてのワークショップおよびポスター発表での詳細な討論が行われます。
1. ばく露評価におけるベストプラクティス(資格、機器、不確かさ、等)
2. 特定のリスクにある労働者(能動的/受動的植込み型医療機器の評価、妊婦、等)
3. 新規のおよび複雑な電磁界発生源(技術の傾向、職業的電磁界研究の将来)
4. 電磁界指令の進化(国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)ガイドラインの潜在的インパクト、等)
5. 電磁界指令の実施を強化する上での標準化の役割(合理的に予測可能な利用、第5世代(5G)機器の適合性試験、等)

この会議についての更なる情報は、以下のウェブサイトで確認できます。
https://www.baua.de/EN/Service/Events/Calendar/11.23-EEMFF-Conference.html


関連情報:
「欧州議会及び理事会指令 労働者のばく露に関する最小限の保健及び安全要件」(2013.7.2掲載)
 http://www.jeic-emf.jp/whats_new/20130702.html
「2013/35/EU_ 物理的作用因子(電磁界)に起因するリスクへの労働者のばく露についての健康および安全の最低要求事項に関する(指令)」
 http://www.jeic-emf.jp/International/European_Union/EU_Directive_Recommendation/Directive/2013%252F35%252FEU.html