米国連邦通信委員会のパブコメ募集

2013.4.9掲載

○米国連邦通信委員会(FCC)から無線周波電磁界へのばく露に関する規則の変更案に対するパブコメ募集

米国連邦通信委員会(FCC)は、3月29日、同委員会の無線周波ばく露限度および政策(ET Docket No.13-84)の見直し案件として、無線周波電磁界のばく露に関する同委員会の規則(ET Docket No. 03-137)の変更案を示し、それに対するパブリックコメントの募集を開始したことを公表しました。

今回の規則の変更案は、無線局免許の付与の決定過程に関することを主とし、その他にこれまでになされた多様な提案を盛り込んでいます。コメントの募集期間は90日、コメントへの回答は150日以内に行われるとされています。

電磁界情報センターでは、規則の変更が決定した段階で、特に一般の人に関心がある点を中心に情報収集し、ご紹介する予定です。

 

原文タイトル:In the Matter of Reassessment of Federal Communications Commission Radiofrequency Exposure Limits and Policies (ET Docket No. 13-84). Proposed Changes in the Commission's Rules Regarding Human Exposure to Radiofrequency Electromagnetic Fields (ET Docket No. 03-137).

URL:http://www.fcc.gov/document/fcc-review-rf-exposure-policies