国際がん研究機関(IARC)が発がん性評価結果を更新(Volumes 1–120)

                                               2017.10.30掲載

世界保健機関(WHO)の専門機関である国際がん研究機関(IARC)は、10月27日付で発がん性評価結果を更新しました。
「Vol.120:ベンゼン」
http://monographs.iarc.fr/ENG/News/index.php
芳香族炭化水素のベンゼンは1979年に「グループ1:ヒトに対して発がん性がある」に分類されており、今回この評価が再確認されました。
http://www.thelancet.com/journals/lanonc/article/PIIS1470-2045(17)30832-X/fulltext

なお、電磁界に関する発がん性評価の変更はありません。


※国際がん研究機関(IARC)は、化学物質や喫煙などによって及ぼされる発がん性のリスクについて調査
および研究と、がん対策を推進する機関です。IARCの発がん性評価は、対象となる作用因子(例えば物理的
因子、科学的因子、特殊な環境因子等)による定性的(発がん性の性質の程度)評価をグループ別に分類する
ものであり、定量的(発がん性の強さ)評価を行うものではありません。(http://www.iarc.fr/