電磁界情報センター所長あいさつ

 電気は、技術の進歩にともない多方面に利用されるようになり、産業の発展、生活の向上などに大きな役割を果たし、日常生活では欠かせないものになっています。一方、電力供給システム、情報通信システム、各種の製品・装置から発生する「電磁界(電磁波)」が「人の健康に何らかの影響を与えるのではないか」との懸念が生じ世界各国で多くの研究が行われていますが、電磁界に不安や疑問を持つ人々もおられます。そこで電磁界のリスクコミュニケーションの増進を目的とした、中立的な電磁界情報センターが発足致しました。

 当センターの理念・目的を「中立な立場から、電磁界に関する科学的な情報をわかりやすく提供するとともに、リスクコミュニケーションの実践を通じて、電磁界の健康影響に関する利害関係者のリスク認知のギャップを縮小する」として活動を行ってまいります。

 一般の方々並びに当センターの活動方針にご賛同頂いております賛助会員の方々からのご支援ご協力を今後ともお願い申し上げます。

電磁界情報センター 所長 大久保 千代次
大久保 千代次
大久保 千代次
  • 電磁界情報センター所長
  • WHO国際電磁界プロジェクト国際諮問委員会委員
  • 明治薬科大学アドバイザー
  • 総務省生体電磁環境に関する検討会座長
  • 元世界保健機関(WHO)放射線・環境衛生ユニット サイエンティスト(国際電磁界プロジェクトスタッフ)
  • 元国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)SEGメンバー
  • 元経済産業省 電力設備電磁界対策ワーキンググループ委員
  • 元国立保健医療科学院 生活環境部部長
  • 元国立公衆衛生院 生理衛生学部長
  • 元明治薬科大学大学院 教授