生物学的作用と健康影響

    生物学的影響とは、外部から与えられた刺激や環境変化が人体にある一定の反応を引き起こすことです。
    たとえば、音楽を聞くことや温度変化などは一定の生物学的影響を生じます。ただし、このような作用が直ちに健康影響に結びつくわけではありません。人体は環境の変化に対して精密なメカニズムによって反応し、適応を続けています。
    しかし、当然ながら、人体はすべての生物学的影響に対して十分な補償メカニズムを持ってはいません。強いレベルの環境要因へのばく露、長期にわたる身体ストレスなどは健康に悪い影響を与えるでしょう。
    たとえば、冬場の日光浴は体を温めますが、真夏の海水浴は重度の日焼けや皮膚に炎症を起こします。同じ太陽光でも前者が生物学的影響であり、後者は健康影響といえます。同様に電磁界ばく露についても生物学的影響と健康影響は区別されます。また健康影響については、短期的ばく露影響と長期的ばく露影響に分けて考えられています。


pdf 印刷用ファイル [PDF 0.75MB]