子供のがん

WHOファクトシートNo.322
■WHOファクトシートNo.322

 日常生活環境中の超低周波電磁界に長期ばく露した場合の健康への影響について、人々の大きな関心をひいたのは、送電線などの超低周波磁界ばく露と小児白血病のリスク上昇の関連の有無です。この問題を調査した症例対照研究は数多くありますが、小児白血病は稀少疾患なため、いずれの研究もばく露群の症例数は非常に少数です。そのため、ひとつの研究のデータがその調査地域全体で実際に起きていることを反映しているかどうかの確かさは弱くなってしまいます(これを、統計学的検出力が弱いといいます)。

 統計学的検出力を高めるために行われるのがプール分析です。同一の調査条件で実施された複数の疫学研究における症例と対照を、一つの調査で集められたものと仮定して合算し、研究全体でのリスク推定値(統合オッズ比)を計算するものです。超低周波磁界と小児白血病の関連では、スウェーデンのアールボム他(Ahlbom et al. 2000年)のプール分析1)が重要な示唆を与えるものと評価されています(環境クライテリア№ 238)。このプール分析は9 件の研究を統合し、症例数3247人、対照数10400人での統合オッズ比を示しています。

 その内容を次ページ以降に一覧表[▶Ⅱ(参考1)]とそのグラフ化で示します。表の見方にもありますように、このプール分析の結果、0.4 マイクロテスラ以上のばく露カテゴリーの統合オッズ比が2.0(1.3-3.1)、その95%信頼区間の下限値が1を超えることが示されました。

 国際がん研究機関(IARC)は2002年にIARCモノグラフ2)において、超低周波磁界を「人に対する発がん性があるかもしれない(2B)」に分類することを公表しました。この分類は、疫学的研究の「証拠は限定的」、また後述しますように、生物学的研究の「証拠は不十分」という評価に基づいてなされました。すなわち、疫学研究のプール分析で、平均的に0.3~0.4 マイクロテスラを上回る超低周波の居住環境磁界に、日常的にばく露することに関連して、小児白血病リスクが倍増するという一貫したパターンが示されましたが、疫学研究における諸課題[▶Ⅱ(参考2)Ⅱ(参考5)]を勘案して、この証拠は「限定的」と評価されています。[▶Ⅵ(2)

 細胞研究では、低周波磁界が果たして小児白血病を引き起こすかという課題に挑戦するさまざまな研究が行われています。それらの結果をまとめた結論として、WHO ファクトシートNo.3223)は、「低レベルの磁界ばく露ががん発生に関与することを示唆するような生物物理学的メカニズムとして正当と認められたものはありません」と述べています。また発がんについて多くの動物研究が行われていますが、全体として磁界の影響は示されていません。したがって、これらを総合評価すれば、「小児白血病に関連する疫学的証拠は因果関係と見なせるほど強いものではありません」というWHO ファクトシートNo.322の結論になります。

 なお、「小児白血病以外の小児がんに関する証拠は、小児白血病のものよりさらに弱い」とWHO ファクトシートNo.322 で述べています。



アールボムのプール分析(2000)における個別研究のオッズ比と統合オッズ比

国名、年、著者0.1 - 0.2μT0.2 - 0.4μT≧ 0.4μT観察数期待数
磁界測定値を用いた研究
カナダ 1999
McBride他
1.3(0.84−2.0) 1.4(0.78−2.5) 1.6(0.65−3.7) 13 10.3
ドイツ 1998
Michaelis 他
1.2(0.58−2.6) 1.7(0.48−5.8) 2.0(0.26−15) 2 0.9
ニュージーランド
1998;1999 Dockerty他
0.67(0.20−2.2) 4 症例
0 対照
0 症例
0 対照
0 0
英国 1999
UKCCSI
0.84(0.57−1.2) 0.98(0.50−1.9) 1.0(0.3−3.4) 4 4.4
米国 1997
Linet 他
1.1(0.81−1.5) 1.0(0.65−1.6) 3.4(1.2−9.5) 17 4.7
磁界計算値を用いた研究
デンマーク 1993
Olsen 他
2.7(0.24−31) 0 症例
8 対照
2 症例
0 対照
2 0
フィンランド 1993
Verkasalo 他
0 症例
19 対照
4.1(0.48−35) 6.2(0.68−57) 1 0.2
ノルウェー 1997
Tynes & Haldorsen
1.8(0.65−4.7) 1.1(0.21−5.2) 0 症例
10 対照
0 2.7
スウェーデン 1993
Feychting & Ahlbom
1.8(0.48−6.4) 0.57(0.07−4.7) 3.7(1.2−11.4) 5 1.5
研究を統合した場合
磁界測定研究 1.1(0.86−1.3) 1.2(0.85−1.5) 1.9(1.1−3.2) 36 20.1
磁界計算研究 1.6(0.77−3.3) 0.79(0.27−2.3) 2.1(0.93−4.9) 8 4.4
全ての研究 1.1(0.89−1.3) 1.1(0.84−1.5) 2.0(1.3−3.1) 44 20.1

表の見方

1.
プール分析の対象は、磁界測定値を用いた研究5件と磁界計算値を用いた4件です。
2.
個別の研究結果は、磁界強度0.1 マイクロテスラ以下のばく露カテゴリーを参照群として、0.1 -0.2 マイクロテスラ、0.2 - 0.4 マイクロテスラ、0.4 マイクロテスラ以上の各ばく露カテゴリーのオッズ比(95% 信頼区間)を表示しています。症例または対照の数が0 の場合はオッズ比が計算不能のため実数のみ表示しています。
3.
観察数は、実際に0.4 マイクロテスラ以上に属した症例数です。期待数は、対照群のばく露分布にもとづき、各ばく露カテゴリーに属する確率をモデル化して求めた症例数の期待値です。
4.
研究の統合は、測定値研究のみ、計算値研究のみ、両者を合わせた9 研究について行いました。個別研究と同じ参照カテゴリー、ばく露カテゴリーを用いて算出した統合オッズ比と95%信頼区間を表示しています。全ての研究統合の場合、0.4マイクロテスラ以上のばく露カテゴリーの統合オッズ比が2.0(1.3-3.1)、95%信頼区間の下限値が1を超えており、リスクの有意な上昇を示しています。

オッズ比と95%信頼空間

 

図の見方

1.
前ページのアールボムのプール分析結果の一覧表から、個別研究と全ての研究統合について、0.4マイクロテスラ以上におけるオッズ比とその95%信頼区間を図示しています。
2.
個別の研究はデータ数が少ないため、各研究のオッズ比にばらつきがあり、95%信頼区間の幅も広がっています。多くのデータを統合した場合、95%信頼区間の幅が狭くなり、統計学的に安定した結果が得られることが分かります。その結果、有意差も確認されました。

 また、アールボム他のプール分析以降も、この問題に関し多くの症例対照研究が報告されています。これらの新しい研究結果について、カイフェッツ他(Kheifets et al. 2010年)がプール分析4)を行いました。その結果とアールボムの結果の比較を次表に示します。カイフェツの結果では、統計的に有意なリスク上昇は確認されませんでした。著者は、アールボム以降に追加されたこれらの研究結果について、アールボムのプール分析と同等の結果であると結論しています。

カイフェッツの最新プール分析(2010)とアールボムのプール分析(2000)の統合オッズ比の比較(必要な交絡因子を調整)

研究のタイプ 0.1−<0.2μ T 0.2−<0.4 μ T  ≧ 0.4 μ T
磁界測定研究
アールボムのプール分析 1.05( 0.86−1.28) 1.15( 0.85−1.54) 1.87( 1.10−3.18)
カイフェッツのプール分析 1.05( 0.73−1.50) 1.36( 0.75−2.48) 2.23( 0.83−5.99)
磁界計算研究
アールボムのプール分析 1.58( 0.77−3.25) 0.79( 0.27−2.28) 2.13( 0.93−4.88)
カイフェッツのプール分析 2.02( 0.75−5.41) 0症例
3対照
1.68( 0.34−8.38)
全ての研究を統合した場合
アールボムのプール分析 1.08( 0.89−1.31) 1.11( 0.84−1.47) 2.00( 1.27−3.13)
カイフェッツのプール分析 1.15( 0.83−1.61) 1.20( 0.67−2.17) 2.02( 0.87−4.69)

表の見方

1.
このプール分析では、2000 年以降に公表された7 件の研究の総計で10,865症例、12,853 対照が分析されました。
2.
個別の研究が実施された国や地域は、ブラジル(2001〜2009)、ドイツ(1988〜1994)、イタリア2 件(1978 〜1997、1986 〜2007)、日本(1999 〜2001)、タスマニア(1972 〜1980)、英国(1962〜1995)です。各研究の同質性を統計学的に分析した結果、ブラジルの研究に異質性が認められましたので、ここでは、ブラジルの研究を除外した統合オッズ比を示しています。(カッコ内数字は調査症例の白血病が診断された年)
3.
両方の研究におけるオッズ比の算出条件は同一です。

[参考資料]

1)
A hlbom et al.“ A pooled analysis of magnetic fields and childhood leukaemia” British Journal of Cancer, 8(3 5), pp.692-
698(2000)
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10944614/
2)
「IARCモノグラフ第80巻 ヒトに対する発がんリスクの評価:非電離放射線 第1部:静的および超低周波の電界および磁
界」“Non-Ionizing Radiation, Part 1:Static and Extremely Low-Frequency(ELF) Electric and Magnetic Fields”, IARC
Monographs on the Evaluation of Carcinogenic Risks to Humans, 80, IARC(国際がん研究機関)(2002)
http://monographs.iarc.fr/ENG/Monographs/vol80/index.php
3)
「WHOファクトシートNo.322 超低周波電磁界へのばく露」“Exposure to extremely low frequency fields” Fact Sheet №
322, WHO(世界保健機関)(2007)
http://www.who.int/peh-emf/publications/facts/fs322/en/index.html
http://www.who.int/entity/peh-emf/publications/facts/fs322_ELF_fields_japaneseV2.pdf(和文)
4)
K heifets et al.“ Pooled analysis of recent studies on magnetic fields and childhood leukaemia” British Journal of Cancer,
103(7), pp.1128-1135(2010)
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10944614/

pdf 印刷用ファイル [PDF 1.36MB]