電磁過敏症

  質 問

 電磁過敏症、電磁波過敏症とは何でしょうか?

  回 答

 世界保健機関(WHO)が公表しているファクトシート№296「電磁過敏症」によれば、電磁過敏症の最も一般的な症状は、皮膚症状(発赤、チクチク感、灼熱感)、神経衰弱庄、自律神経系症状(倦怠感、疲労感、集中困難、めまい、吐き気、動機、消化不良)であり、電磁界のばく露に関連すると訴える方がいるのは事実です。
 ただし、調査者及び本人に分からないように電磁界をばく露させたりさせなかったりして、症状や電磁界ばく露の有無を自覚できるかというダブルマスキング法の研究結果からは、このような症状と電磁界のばく露は関連しないことが分かっています。電磁界とは関係しない環境因子、職場や生活環境でのストレス、電磁界の健康影響を恐れるストレス反応が関連する可能性が示唆されています。

 ⇒参考資料
  ☆ WHOファクトシート№296「電磁過敏症」(日本語訳)PDFファイルダウンロード

アンケートのお願い

このQ&Aは参考になりましたか? チェックを何れかにチェックを入れて投稿ボタンを押して下さい。

ご意見、ご感想などがございましたら、以下のコメント欄に入力して下さい(300字以内)。 なお、ご質問はお問い合わせフォームよりお願いします。

関連するFAQ

記事はありません。

ページの先頭へ戻る