健康影響

  質 問

 低周波磁界を長くあびていると、小児白血病になると聞いたことがありますが、本当ですか?

  回 答

 世界保健機関(WHO)が2007年6月に公表したファクトシート№322「超低周波の電界及び磁界へのばく露」によれば、複数の疫学研究のデータをプールした分析で、0.3~0.4マイクロテスラ(μT)を越える超低周波磁界の長期的ばく露により小児白血病が倍増するという一貫したパターンが示されています。
 しかし、調査対象者の偏り等の研究手法上の問題があること、生物物理学メカニズムがないこと、および大多数の動物研究で影響が示されていないことから、全体として因果関係と見なせるほど強いものではないと結論付けられています。

 ⇒参考資料
  ☆ WHOファクトシート№322「超低周波電磁界へのばく露」(日本語訳)PDFファイルダウンロード

アンケートのお願い

このQ&Aは参考になりましたか? チェックを何れかにチェックを入れて投稿ボタンを押して下さい。

ご意見、ご感想などがございましたら、以下のコメント欄に入力して下さい(300字以内)。 なお、ご質問はお問い合わせフォームよりお願いします。

関連するFAQ

記事はありません。

ページの先頭へ戻る