健康影響

  質 問

 低周波磁界を長くあびた場合、小児白血病以外の健康影響はあるのでしょうか?

  回 答

 世界保健機関(WHO)が2007年6月に公表したファクトシート№322「超低周波の電界及び磁界へのばく露」によれば、小児白血病以外の小児がん、成人のがん、うつ病、自殺、心臓血管系疾患、生殖機能障害、発育異常、免疫学的変異、神経行動への影響、神経変性疾患についても数多く研究されていますが、いずれも磁界ばく露との因果関係を示す証拠は小児白血病よりも更に弱いと結論付けられています。
 これは、長期的なばく露による健康影響が完全に否定されたことを意味するわけではありませんが(科学の世界において、健康影響全くないことを証明することは理論的に不可能)、健康影響の可能性としては非常に低いものと解釈することができます。

 ⇒参考資料
  ☆ WHOファクトシート№322「超低周波電磁界へのばく露」(日本語訳)PDFファイルダウンロード

アンケートのお願い

このQ&Aは参考になりましたか? チェックを何れかにチェックを入れて投稿ボタンを押して下さい。

ご意見、ご感想などがございましたら、以下のコメント欄に入力して下さい(300字以内)。 なお、ご質問はお問い合わせフォームよりお願いします。

関連するFAQ

記事はありません。

ページの先頭へ戻る